​ブログ

撞木(しゅもく)の取り替え

 役員さん達が、梵鐘(ぼんしょう)の撞木の取り替え、そして立て看板のペンキ塗りをしてくれた。

撞木は棕櫚(しゅろ)の木でできているが、古いこの撞木は、おおよそ50年も撞いてきたのであろうか、長い間お疲れ様でした。

 梵鐘は、仏さまの顔を表していると聞いた。撞木で撞くということは、仏さまがお説法をされているということだ。仏さまは、「私の願いを聞いてくれよ」と呼びかけてくださっています。新しくなった撞木が、またきれいな音(仏さまのお声)を聞かせてくれるだろう。




アーカイブ
カテゴリー