桑名市 赤尾のお寺

浄土真宗本願寺派 西南山 浄光寺

どうぞお気軽にお越しください

​ブログ

道行く人よ あなたは 食うか 食べるか いただくか

December 27, 2019

  

    12月のメニューは、煮込みハンバーグ・小松菜の焼きそば・レタスのコンソメスープ・デザートでした。
 この食事ができあがるまでには、多くのご協力と、いくつものお供え(食材のご提供)があってのことです。てしお夢ふぁーむ様にはお野菜を、松葉ビッグファーム様にはハムを、そして近隣のお寺様には焼きそばを、浄光寺のご門徒の皆様には、お米やキウイ・お菓子をいただきました。
 ふつうに食事を「食べている」つもりだったけど、私は何を「食べている」の?ハンバーグ? ハンバーグは元々なに?

 北海道の島本邦子さんは、カニを食べて、次のように味わわれました。
「カニを食べた。 カニの一生を食べてしべもうた。
カニにもろうた今日の私のいのち。
芋を食べた。 芋の一生を食べてしもうた。
芋にもろうた今日の私のいのち。
そう思うたら、お念仏がこぼれてやまぬ。」

多くのいのちをいただくから、「いただきます」
多くのいのちをいただいたから、「ごちそうさまでした」

浄光寺おてらこども食堂では、食事の前後に必ず「食事の言葉」を唱えてもらいます。
「食 事 の 言 葉」 

<食前 のことば>
●多くのいのちと みなさまのおかげにより
  このごちそうを めぐまれました。
(同音) 深くご恩を喜び ありがたく いただきます。

<食 後 のことば>
●尊いおめぐみを おいしくいただき
 ますます御恩報謝(ごおんほうしや)につとめます。
(同音)おかげで ごちそうさまでした。

「食事の言葉」には、「ありがとう、ごめんなさい、あなたのいのちを決して無駄にはいたしません。精一杯生きていきます」との思いが込められているのです。

今日もたくさんのいのちをいただきました。
皆様、共々、精一杯生きていきましょうね。
 来年も、お寺で、こども食堂で、お待ちしています。
 除夜の鐘にも、是非お越しください。(31日、午後11時半より)

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

アーカイブ
Please reload

カテゴリー
Please reload