​ブログ

IMG_0414.JPG

手を合わし 思い出す

「手を合わし 思い出す 大切な あの人との 思い出を」

 私が小さかった頃、毎朝阿弥陀さまの前に座りお参りしていた父の後ろ姿を見ながら不思議に思っていたことがある。「何で父は毎日お参りしているのだろう。足は痛いし、面倒くさいのに」。あの頃の父の歳を越えてきて、その意味が分かった気がする。私の事をいつも思い心配して下さっているお方(阿弥陀さま)がいらっしゃるから、お参りせずにはおられないのだと。

 お彼岸が近づいてきました。

ご縁がありお参りしました長野別院で。



アーカイブ
カテゴリー