​ブログ

IMG_0414.JPG

報恩講の翌日、17回パントリー終了。

11月13日(土)、第17回フードパントリーが終了しました。

本堂でお母さんと一緒にお参りしていた年中の女の子が、「いつもとちがう」と、お荘厳(おかざり)

の違いを言い当てたのにはびっくり。昨日は、宗祖親鸞聖人(しゅうそ しんらんしょうにん)のご遺徳(いとく)に感謝する「報恩講(ほうおんこう)」でした。報恩講は、一年で最も大切にお勤めするご法要です。如来さまの正面には、お導師(どうし)がお参りする礼盤(らいばん、台)があり、花とロウソク立ては2対になります。そして左側には、ご絵伝(ごえでん、親鸞聖人のご一生の掛け軸)をお掛けします。

今回は、報恩講のおさがり(あんぱん・もちなど)もお渡ししました。


 今回、ご寄付いただいた方々

やまひこ 様、 やまもり 様、  日の出福祉会 様、  NPOフードバンク愛知 様  赤尾の有志の方 様

ありがとうございました。

正面の掛け図が「ご絵伝」(4幅)です。


アーカイブ
カテゴリー